集客で知っておきたいOATHの法則とは

どうもわこうじです。

今回は普段聞き慣れないとおもいますが、OATHの法則というものがあります。

簡単にいうと自分の見込み客に対しての問題意識について4つに分けた法則です。

これを知っているのと知らないでいるのではいざ商品を売るとなった時にアプローチが違ってくるので
覚えておきましょう。

OATHの法則とは

O→Oblivous→無知

A→Apathetic→無関心

T→Thinking→考えている

H→Huting→困っている

それぞれの頭文字をとったものです。簡単にいうと人の考え方というか問題意識のことです。

多分誰でもこんな経験があると思うので少し自分のことと照らし合わせてみるとわかりやすいと思います。

ここで1つの例を挙げてはみます。例えばは物凄く太っている人がいるという例で4つに分けてみたいと思います。

Oblivous(無知)

ここで最初のOblivousですがOblivousは無知なので、まったく自分が太っているということの問題に気づいていないということです。

この相手にいくらダイエットの商品の話を持ち込んでもまったく自分で気づいてないのでこの商品を売ることは容易ではありません。

なのでこのOblivousの人に対してはまず太っていることが問題ということを認識させるということから初めないといけないので、ここの層から商品を売るということは難しいです。

よほどのことではないと動かないので。

Apathetic(無関心)

この層の人は「別に太っていてなにが悪いの」という自分ではあきらかに太っているにはわかっているけど、それに対してどうにかしようとは思っていない人々たちのことです。

この層の人たちに商品を売るのも中々大変でしょう。開きなりをするタイプです。

Thinking(考えている)

太っているのを気にしているし、そのダイエット方法などを自分で検索したりして太っていることについていろいろ考えている状態の層です。

この人々はもう何かはしなくてはいけないと考えているので比較的売り安い層です。

なのでできれば何かを売っていく際はこの層から狙っていくのが一般的です。

Hurting(困っている)

最後のここの層はもう何が何でもダイエットや痩せる方法を探している層なので一番売れます

少しなにか関連した商品などを見せるだけですぐに売れてしますので、ここの層を対象にするこは必須でしょう。

人間は本当に困っていたらいくらでもお金や時間を投資しますので。

OATHの法則のまとめ

ここまで説明すればおおよそのイメージがつかめたとおもいます。

もしいざ自分で商品を売る際にどの層に向けて商品を紹介していくことがいいのかが。

Oを売るにはもう最初から自分で教育していかないとならないし、Aに言ったところでほぼ同じです。

狙うのはあくまでTとHの人々対象に商品紹介や物を売っていくことが収益につながります。

前にも少し話しましたが、誰に商品を売るのかがネットビジネスでは非常に重要になってきます。

相手をイメージする(ペルソナ)といったほうがわかりやすいかもしれません。

そういうイメージをしながら記事や文章を書くことによって結果イメージしてた人が来るケースは多いです。

もしまだ自分が誰に向けて発信しているかわからない人はこのOATHの法則をしるだけでもアクセスや結果が変わってくるとおもいます。

では今回はコレで^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です